会社概要お問い合わせカタログ請求サイトマップ
  1. >
  2. レーザー加工機の上扉に耐炎ガラスを標準搭載。
●レーザー加工機の上扉に耐炎ガラスを標準搭載。(全機種に標準搭載、*マーカーを除く)
弊社では、2008年の初めから機種別に採用をスタートし、2009年3月より全機種に(*マーカーを除く)採用しております。 他の一般的な小型レーザー加工機の扉には、可燃性のアクリルやポリカーボネートを使用しているのが殆どです。
内部で、可燃性加工材から過燃焼が大きく出た場合、上部のアクリル扉に火が移り、更に激しく内部が燃え上がります。 そして、アクリルが溶けて、内部の火炎が機械上面外部に噴出します。その後は、室内の造作物に移り、火災となります。
耐炎ガラスでは、内部火炎が外部に広がりにくく、機械内部の液噴射だけで納まる場合が大きいです。

●焼損警報器を標準搭載。(全機種に標準搭載、*マーカーを除く)

2009年4月より、マーカーを除く販売全機種に、ユーザー様の安全操業を第一に考えまして、 焼損警報器を標準搭載といたしました。
レーザー機内部の加工材が過燃焼し、センサー温度が60℃を超えると音声で異状を知らせます。

さらに、オプションとして、警報をはなれた場所の警報ベルなどに接続、あるいは同時に 超純水自動噴射装置(2016.10月より標準搭載)と連動させて、液を噴射させる装置があります。
これらは、機械内部での過燃焼を、機械外部に類焼させずに、最小の被害に抑える装置です。

注意:焼損警報器は過燃焼を防止する機器ではありません。

警報機が正常に動作する場合に音声で過燃焼を警報する装置です。

コマックスレーザー加工機超純水自動噴射装置の解説。

コマックスレーザー加工機炭酸ガス自動消火装置の解説。

市場での小型レーザー加工機の特長として、プラスチック、木材、紙などの可燃物素材の切断と彫刻を行なうユーザー様が多い。

コマックスでは2004年より、A2、7050シリーズにオプション搭載して、ユーザー様の安全に応えております。

一般的な消火器では、使用後の清掃問題、電子部品の腐蝕があり、修理費用が多大になることや、その後の機械耐久性が大幅に下がります。機械の2次損傷が少ないです。

 

上部扉内部の特殊チューブ

上部扉内部の特殊チューブ

装置の説明:写真のように、上部扉の内側に特殊チューブを全面的に張ってあります。
素材の過燃焼によりある程度の火炎が発生して温度上昇した場合に、その熱によりチューブが破裂して、チューブ内部の噴霧液が噴射され、一瞬で過燃焼の酸素を窒息させて消火させます。

○コマックスのレーザー加工機の上部扉はガラス製が標準。コマックスだけの耐過燃焼性能を提供させて頂いております。
これは、レーザー加工機内部の過燃焼を外部に出さない事となります。
○ガラス未装着の既存ユーザー様にも、有償での後付けも行っております。

レーザー加工機内部の焼損。

数年に数回は、加工機の内部から、過燃焼で修理をするが必要なユーザー様もおりますがすべて噴射装置未搭載のユーザー様です。幸いな事に現在までのコマックスユーザー機では、加工機から類焼して家屋や人員に被害が及んだ報告は有りません。 特にアクリルや木材、紙等の可燃物切断が多いユーザー様は、機器や操作マニアルに記載の注意を良くご理解されるようお願いいたします。

  • レーザーご導入の際には、超純水自動噴射装置の
    ご検討もお願いいたします。
  • 未装着の既存ユーザー様にも、有償での後付けも
    行なっております。
  • 超純水自動消火装置は、初期消火の為の機器装置です。
    消炎を保証するものではありません。

使用上の注意

過燃焼発生の実例とレストア