レーザー機器の不適切な運用は、各関係官庁の規則で禁止されています。
専門業者に、定期的不定期的に点検確認作業を依頼します。サポート契約の遵守。

●全てのレーザー機器の製造販売者、輸入者は 日本内で「レーザー製品の安全基準」を求められます。

お支払い頂いたサポート契約料金が、技術技能者の長期安定勤務(遠距離不規則労働)、技術教育管理、ユーザー機器の記録の長期保管、専用パーツの長期在庫管理等を賄い、安定したソルーションサービスが始めて可能となります。

●弊社が指定する箇所以外に、ユーザーが行なう機器の改造、指定外部品使用、は禁止されています。

1.レーザー安全基準   レーザー光線のる反射、透過による、失明、火傷。後遺症等。
2.労働安全衛生法   レーザー安全基準に関わり、機器使用者への保証が発生します。
3.電波法 高周波利用設備の申請 (レーザー発振器)
4.製造物責任法 (PL保険)機器に問題がある場合は、製造者・販売者・輸入販売者が責任を負います。
5.迷惑防止条例 騒音、匂い、火災類焼などの各関係官庁の規則に準じる。
問題がある場合は、機器の運用停止あるいは業務改善指導を受けることになります。

詳細のお問合せは、こちらのメールフォームからお願いいたします。