2016年2月

コマックス レーザー加工機 レトロフィットについて

レトロフィットとは、使用している調子の悪い旧年式のレーザー加工機を、現在販売されている部品と交換し全体的に手入れして、最新のレーザー加工機の性能と機能を取り戻す再生作業のことです。
また、最新のドライバーソフトを使いますので、性能の良いパソコンの使用も可能になります。
ウイルス問題でサポート終了の、WinXPを使わなくても良くなります。

作業は、加工機を専門的な運送会社を使いコマックスの工場に回収し、十分な時間を掛け注意深く再生作業をおこないます
再生作業終了後は、コマックスが運搬再設置と最新機能の操作ご指導を行ない検収お引渡しとなります。
あるいは、十分に注意した梱包方法と専門的な運送会社を使い、ユーザーの建物先まで運搬も
しています。この場合は、ユーザーが再設置と周辺機器との接続を行ないます。

レトロフィットの特徴として、問題なく使える部分と新品部品を使用するため、新品機械と比べ、大幅に導入コストが軽減します。3割以上のコストダウンが見込めます。
使用できる物は再利用しますので、大幅なエコロジーで自然環境保全への貢献になります。

●再生後も、筐体の大きさは変わらないため、新たな設置場所の確保に困りません。
●再生後も、操作性に大きな変化がないため、操作人員への再教育が不要です。
●製造メーカーが同じで、同種モデルのため、蓄積した加工データを使え、データの再制作の時間的ロスがありません。
●ほとんどの制御部品が最新になるため、最新の機能と性能を引き出すことが出来ます。
●ほとんどの重要部品が最新になるため、将来の故障発生の確率は、新品機に近くなっています。
●この再生作業は、過去に納品実績のある株式会社コマックスが行なうため、業者と機種選定の間違いが非常に少ないです。
●電気設備と排気設備は、現状のものを使えるのが多いため、更にコストがかかりません。
●今後も、今までと同じく技術的なメンテナンスを行なっていきます。

●2016年3月時点では、Win10 / Win8(64bit)対応プリンタードライバーも販売しています。
 Win7 (32bit)対応も販売継続しています。

 

                                株式会社 コマックス